海外FX

全体相場|2020年6月29日(月)

おはようございます。

6月29日(月)の考察をしていきたいと思います。

残すところ後2日で6月が終わります。
月足の確定ですね!

ニュースやファンダメンタルを見ると悪材料が出てきました。

これを意味するのは、やはりコロナ第2波の懸念によるものでしょう。

緊急事態宣言解除後、全国で28日感染者は112人になっています。

経済活動が再開されたのにこれがどこまで影響があるのか、
また実体経済と相場がどのように影響を及ぼしていくのかが、今後、相場を触る上で大事になってきます。



又、YAHOOニュースでも取り上げられた、若者の東京離れが今起こっているようです。

理由はコロナの影響もあってか、通勤や人との密な接触があること。
東京に居続ける事に違和感を感じてる人が多いようです。

テレワークでの業務が出来るようになり、時代の変わり目なのかもしれませんね。

全体相場から見ていこうと思います。

僕が思ってた通り、相場全体が大きく崩れリスクオフに傾いて来ました。
夏枯れ相場が来る気がします。

大きめの大暴落が来ることになれば、どれだけ相場に影響が出てくるのか慎重にならないといけません。

又、ダウの2番底形成も現実味が出てきたのではないでしょうか。

再びダウの大暴落があるかも知れません。

26000ラインが非常に大事になってくると思います。



今週の戦略としては、基本反発があり戻る事があれば戻り売りを狙っていくスタンスで考えています。

ゴールドに関しては下がるようであれば押し目買い。

ダウ、原油に関しては相関性が強いので、コロナの影響があれば下がっていくと思うし、
チャート的にも崩れてきているので戻り売りを狙っていく。

といった感じで今週もよろしくお願いします!

それでは皆様にとって爆益でありますように!!

\最大レバレッジ888倍のXM 無料登録はこちら/

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力が多数あります。

もちろん僕もずっとXMでトレードをしながら相場観や手法などを日々綴っています。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由