仮想通貨

Bybit(バイビット)の口座開設~入金・出金方法までわかりやすく解説!

このページでは、Bybit(バイビット)についてその特徴から【口座開設方法~入金方法・出金方法】に至るまで、画像付きでわかりやすく解説しています。

キャンペーン情報

今なら最大【60USDのボーナス】がもらえます!

  • 登録ボーナスとして・・・
    登録完了後、カスタマーサポートにアクセスして10USD
  • 入金ボーナスとして・・・
    0.2BTCまたは6ETH以上の入金で50USD

Bybit(バイビット)とは

仮想通貨と伝統的な金融との最高の組み合わせにより、過去にない業界で最高レベルの安全性、信頼性、公平性、ユーザビリティを追求した仮想通貨デリバティブ取引所を実現することによって、今日の仮想通貨市場に革命を起こすことを目指しています。



2019年4月13日の状況

Bybit(バイビット)取引所の特徴

主に5つの特徴があります。

1.無期限契約

手間のかからない取引オプションを提供し、トレーダーが希望する限りポジションを保持することが可能です。

その結果として、経済的利益を得る機会が増大します。

2.二重価格メカニズム

仮想通貨取引においては市場操作が定期的に発生します。

個人的な利益を得る目的で、意図的に取引所の価格を上昇または減少させる異常な価格変動は、トレーダーのポジションに悪意のある清算を引き起こし、非常に不公平な取引環境をもたらします。

一般的に言えば、市場のデプスが小さいほど、市場操作の影響を受けやすくなります。

そこで、Bybitでは二重価格メカニズムを採用することで市場操作からトレーダーを保護し、公正な取引環境の確保に努めています。

3.市場価格に近似したBybitマーク価格

Bybitでは、契約価格はスポット市場を基準にしたものであり、最終取引価格はスポット市場価格に密接に追従しています。

価格をスポット価格につなぎとめるために使用される主なメカニズムは”資金調達”と呼ばれます。

資金が8時間ごとにロングポジションとショートポジションの間で交換されることで、最終取引価格が8時間ごとに市場価格に近似するようになります。

4.100倍のレバレッジ

最大100倍のレバレッジを提供するBybit無期限契約では、トレーダーはいつでもレバレッジとオープンポジションの証拠金を調整することができます。

これは非常に柔軟な形態のリスク管理であり、可能な限り最高の取引経験が保証されます。

5.契約損失メカニズム

一般的な社会的損失システムとしては、全ての収益性の高いトレーダーがコストを分担しなければなりませんが、Bybitはそれとは異なり、投資家が高リスクトレーダーによる大きな損失の影響から保護される契約損失メカニズムとして「自動デレバレッジシステム(ADL)」を採用しています。

自動デレバレッジシステムは、全てのトレーダーを利益率と実効レバレッジに基づいてランク付けします。

ここでは、より収益性が高く、高いレバレッジを使用しているトレーダーが最初にデレバレッジの対象になります。



Bybit(バイビット)のメリット

  • レバレッジは最大100倍

bitFlyer(ビットフライヤー)の場合、以前の15倍から5月28日にはさらに引き下げられ4倍が上限として規制されてしまっているので、比較するとその差は歴然です。

  • 追証なしのゼロカットシステムを採用

なお、ハイレバレッジや追証なしのメリットに関してはこちらの記事で触れています。

【海外FX】人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由と国内FXのデメリット海外FXで有名なXMは、海外FX業者の中で日本人の口座開設数が最多であることからもわかる通り、高い人気を誇っています。 今回の記事...
  • Bybit(バイビット)の公式サイトはもちろん日本語対応、カスタマーサポートも◎

Bybit(バイビット)の口座開設方法

ここまでBybit(バイビット)の概要やメリットを踏まえた上で、さっそく口座開設方法から順に説明していきます。

Bybit(バイビット)はメールアドレスまたは携帯電話番号で登録することが可能です。

【Bybit公式ページ】に進むと、下のような「アカウント登録」のページへと進むので、Eメール登録または携帯番号登録から選択してください。

今回はEメールアドレスを使って登録します。

Eメールアドレスとパスワードを入力したら『登録』をクリックします。

登録したメールアドレスにBybit(バイビット)から6桁の数字が届くので、画像の赤枠部分「Eメール認証コード」の欄に入力して『登録完了』をクリックします。

セキュリティー面に関しては、このように2段階認証になっているので安心して利用することができます。

2段階認証の設定についても、この後まとめてあるのでそちらをご覧ください。

Bybit(バイビット)の入金方法

続いて、入金方法の流れです。

まず『資産』をクリックします。

次に、入金する「BTC」または「ETH」を選択し『入金』をクリックします。

『入金』をクリックした後は、ウォレットアドレスを使用するか、またはQRコードをスキャンして手続きを進めます。

Bybit(バイビット)の出金方法

出金方法についても、まずは先ほどの入金と同様に『資産』をクリックします。

続いて、ここからは2段階認証に進みます。

Google認証が未設定の状態なので『Google Authenticator(グーグルオーセンティケーター)』というアプリを使用します。

アプリをインストールし開いたら、

口座登録をしたメールアドレスにメールが届きます。



セキュリティの観点から伏せますが、表示されたバーコードリーダーをスキャンしてください。

下のような画面が表示されたら(セキュリティ上一部伏字)

赤丸の『+』の部分をタップ

下部の『バーコードをスキャン』をタップ

ホームページ上に出ているバーコード

携帯で表示されている番号を入力します。

これで2段階認証の設定は完了です。

続いて、ウォレットアドレスと出金したい金額を入力して『提出』をクリックします。

Bybit(バイビット)への送金について

以前の記事で取り上げましたが、bitFlyer(ビットフライヤー)が7月3日から新規登録を再開しています。

bitFlyer(ビットフライヤー)が新規口座開設の受付を7月3日から再開bitFlyer(ビットフライヤー)が7月3日から新規口座開設の受付を再開する予定です。 【新規口座開設受付再開(予定)のお知らせ...

⇒ ビットフライヤーの新規登録はこちらから

僕はビットコインを買って送金するまでの流れをbitFlyer(ビットフライヤー)を通して行っています。

ビットコインに関しては、ハッキングの事件が大きな話題となったことはまだ記憶に新しいと思います。

今後もそういったリスクを考慮する必要はありますが、その観点から見てもbitFlyer(ビットフライヤー)の場合は、国内最大級の取引所という点で安心材料の1つと言えると思います。

さらにbitFlyer(ビットフライヤー)の他には、DMM Bitcoinもオススメです。

理由としては、セキュリティがしっかりしていてハッキングがされていないこと、DMM自体が大きな企業であることなどがあります。

利便性の面では携帯アプリがあることもいいですね!

Bybit(バイビット)はビットコインでの取引になるので、日本円をビットコインに変える必要があります。

そのために円で交換できる国内取引所を選んでいます。

他には海外取引所であるBINANCE(バイナンス)も有名で、クレジットカードを使ってビットコインを買うことが出来ます。

ちなみに、現時点で日本の取引所では、ハッキング問題を懸念してクレジットカードは利用できないので、クレジットカードでの購入を考えている方は注意が必要です。

最高レベルの安全性とユーザビリティを追及したBybit(バイビット)

特にBybit(バイビット)の口座開設から入金・出金方法については、念のため画像を多用して解説しましたが、手続きは全て簡単だったかと思います。

最初にもお話した通り、Bybit(バイビット)はまさに今これからの仮想通貨市場に革命を起こし得るといっても過言ではありません。

例えば、トレーダーの多くが愛用するTradingView(トレーディングビュー)でBybit(バイビット)がサポートされるようになり、今後はトレードまで行えるようにされるとの話もあります。

そうして、今後もさらなる発展が期待されるBybit(バイビット)なので、口座開設後は早速利用してみて早めに慣れていくといいと思います。

 

最大レバレッジ888倍の海外FX XM

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力がいくつもあります。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由