海外FX

全体相場|2020年9月21日(月)

おはようございます。

9月21日(月)の考察をしていきたいと思います。

全体相場としては、引き続き悲観的なイメージが強いです。
その為、今後の戦略としては逆相関はせず全売れ相場になることも視野にいれています。

ゴールドに関しては、短期的なポジションを持つ事が出来ない地合いが続いていますが、
僕の目線は変わらず、引き続き戻り売りを狙っていく戦略でいきたいと思います。

まず日足単位でみて上髭多い事で抑えられている印象が強いです。

テクニカル的に分析していきますと4時間足までみて三尊を形成中で右肩のショルダーを構築中です。

FOMCで上げた1973がヘッドになります。
なので1970を超える事は可能性としては低いと見ていました。

短期的に上がっても中期的には一度調整があってもいい頃合いかなと思います。
現在僕は、1959.990を背にショートを持ち越しています。

持った理由としては三角保ち合いの上値ラインと水平線です。

上がってくるようであっても建値を超えない限りは切る事は考えていません。

ですので再度市場開け後、上がってくるようであれば売り増しを考えています。



ドル円に関しては、105を割ってしまい7月30日につけた平行チャネル中値のラインで止まった104,185ラインが意識され、
値を切り上げダブルボトムを形成しようとしています。

ここから上げて行けるかは疑問ですが割れるようであれば直近103.700.600あたりまで落ちてくるように思えます。

ここを割ってしまうとチャネル下限までの暴落があると思います。

100台まで落ちてもおかしくはありません。

再度ここからドル円が上がっていくなら、
間違いなくゴールドはドル円との逆相関があるので上げれる印象が薄いです。

ダウに関しては、28000台を背に基本は戻り売りを狙っていく流れになると思います。

1時間足も三尊が機能しており、多少戻していますが戻り売りを狙われる方が強いと思います。

更新した時レジサポラインでのエントリーになるかなとは思います。

シルバーに関しては、ゴールド同様に三尊形成しています。

ゴールドとの相関がありますから引き続きシルバーも戻り売りを狙っていきます。

26,870のレジサポラインでエントリーを考えています。
最大27付近まで考えてます。

皆様にとって爆益でありますように!

\最大レバレッジ888倍のXM 無料登録はこちら/

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力が多数あります。

もちろん僕もずっとXMでトレードをしながら相場観や手法などを日々綴っています。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由