海外FX

全体相場|2021年7月5日(月)

おはようございます。
7月5日(月)の考察をしていきたいと思います。

ゴールドに関しては、雇用統計より短期的にエントリーし現在ポジションはありません。
現在の目線は引き続きフラットでいます。

ロングの場合は、1796を現時点で越えられていない事から、再度1773までの下落を想定し背にしてロングをしていく戦略。

1796実体抜けで背にしロングで利益を得ていく戦略。再度1723付近まで下落していき週足単位での2番底を付けにいくと想定しロングしていく。

上昇値としては1959までの上昇をみていく。

ショートの場合は、このまま1796が壁となりそれを背にショートで下落を狙っていく戦略。

利確場所としては、1773、前回の安値付近1756、短期上昇チャネル下限の1760付近、最大1723辺りまでの下落を想定し立ち回っていく。

1680辺りまでの下落も可能性としてはあるのでそれも視野に入れつつ立ち回って行けたらと思います。

今後の金利、ドル円、ドルインデックス、株価指数含めそのトレンド次第では環境は変わってくると思っているので環境認識をしながらそれに応じた対応を
心がけていきます。

ドル円に関しては、雇用統計より下落していき現在111手前までの下落をしています。
現時点では上昇チャネルにいることから上目線継続中ではありますが調整はあると思っています。

ドルインデックスも同様にチャネル上限をタッチし弾かれ調整中と見ています。
92,500と先出ししたラインには到達しました。

日足で見ていくとダブルボトムを形成しているようにも見えます。
金利の状況にもよりますが上目線で引き続き見て行ければと思います。

ダウに関しては、34773と下降チャネルをブレイクしています。
再度ここから上昇し以前の上昇チャネル下限35200辺りまでの上昇がありそうな気もしております。

VIXも落ち着きを取り戻し15,07となっています。
原油は変わらず上目線継続中で75,10となっております。

シルバーに関しては、雇用統計より大きく上昇し僕の見ていた26,500付近に到達しております。

現在はポジションを持っていませんが開場後、ショート戦略を考えております。
ここの状況次第ではポジションが変わってくると思います。

それでは皆様にとって爆益でありますように!

\最大レバレッジ888倍のXM 無料登録はこちら/

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力が多数あります。

もちろん僕もずっとXMでトレードをしながら相場観や手法などを日々綴っています。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由