海外FX

全体相場|2021年7月12日(月)

おはようございます。
7月12日(月)の考察をしていきたいと思います。

ゴールドに関しては、現在目線はフラットでいます。
意識されている抵抗帯は1818、1796となっています。

ロング戦略としては1796を背にロングを拾い立ち回って行けたらと思います。
開場後、押し目を確認しつつロングで仕掛けていこうと考えています。

ショート戦略としては、3つ目の山を形成するとみて1812を抜けきれずに三尊形成となり下掘りしていく展開も考えております。

反発も強い事から持てるポジションを持てる地合いでは今ないので値幅を抜ける場所はエントリーしていく予定です。

ドル円に関しては、現在長らく続いた上昇チャネルを割っている事から、下目線になりつつあります。
裏タッチの戻りを想定し110、500ラインまでの反発があると想定しています。

戻りがないのであれば4時間MAに抑えられる形となり下落していくと見ています。
ドルインデックスも上昇チャネル上限を3度弾かれる形となり抑えられている印象です。

まずは92付近に日足MAがいるのでそこをタッチ時どのような値動きになっていくのかを見ていきたいと思います。

92を割るような展開になるのであれば91,500付近までの下落を想定しています。

ダウに関しては、三尊形成を否定し下降チャネルを上抜けし現在34878となっています。
高値付近を推移していることから35100ラインを上抜け出来るかどうかを見ていきたいと思います。

VIXは一時20台になりましたが16,18と落ち着いています。
全体の環境が今後のテーパリング関係を意識されているのか読みにくい環境が続いています。

原油は上昇チャネル中値ラインまでの下落調整がありましたが持ち直し74,67と反発しています。
今後この76,80付近を上抜け出来るかどうかで方向性が決まってくるかと思います。

このまま上抜け展開になるのであれば再度高値を更新があるかなと見ています。

シルバーに関しては、現在ポジションは持っていません。
形的に小さな三尊形成をしているようにも見えるのでこのまま26.100ラインを抑えられていくのであれば右肩の形成と判断していきます。

19日までこの地合いが続き25,854を耐えるのであれば4時間足単位でのダブルボトムの形成と判断していく予定です。
背が分かりやすいのもあり、再度25,854の水平線をタッチ時耐えるようであればロングを拾って行きたいと考えております。

それでは皆様にとって爆益でありますように!

\最大レバレッジ888倍のXM 無料登録はこちら/

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力が多数あります。

もちろん僕もずっとXMでトレードをしながら相場観や手法などを日々綴っています。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由