海外FX

全体相場|2021年7月21日(水)

おはようございます。
7月21日(水)の考察をしていきたいと思います。

ゴールドに関しては、19日は21時頃まで下げ基調が続き僕の見ていた1796水平線、日足MAを到達し
そこから大きく反発し現在1816まで戻しています。

ポジション整理も含めショートも利確をしました。
現在は1796からロングと、超短期で1時間MAを背にロングを買い増ししています。

時間足単位で見ていくと逆三尊形成となっており上昇の期待があります。

現時点で4時間MAを越えられず抑えられています。
1818、1819辺りを抜けてくると1825辺りまでの上昇を視野に入れています。

この逆三尊の形が崩れるようであれば再度ショートも考えています。

ドル円に関しては、ダブルボトムは崩れ下落が加速し現在109,420となっております。
下降平行チャネル内で収まっている事からテクニカル分析的には、やりやすい環境であったかと思います。

先出し通り下降チャネル上限をタッチしそこから弾かれ売られる展開になっています。
やりにくかった点としては逆相関、相関がイマイチ機能しておらず全売れ相場になっている事でした。

ドルインデックスは現在上昇チャネル上限をタッチし弾かれダブルトップと判断しています。
ここからどのような値動きになっていくのか引き続き見ていきます。

ダウに関しては、反発がなくそのまま下落して行った事によりエントリー出来ず静観しています。

下降チャネル中値ラインで止まり現在34100まで戻しています。
この環境が続く限りロングは考えていません。

戻り34400ラインまでを想定しショートを仕掛けて行けたらと思います。

VIXは現在21,41となっており20台を維持しています。
一時は25付近まで上昇を見せました。

ロングが出来ないという一番の理由としてはVIX(恐怖指数)の上昇です。

原油は上昇チャネル中値を割ったことにより下落を加速させ現在66台となっております。
環境認識が綺麗にハマり、損失をせずに済むことが出来ました。

シルバーに関しては、目線がハマり現在僕の見ている25,100水平線まで下落しています。
25,100で底を作ることが出来れば再度上昇していけるとは思いますが環境的にはかなり悪いと思っています。

耐えきれず安値を更新するのであれば24,579、24,612、24.268までの下落を想定しています。

時間足単位でのダブルボトムまたは、2番底での安値切り上げが確認出来れば25.100を背にロングも考えております。

それでは皆様にとって爆益でありますように!

\最大レバレッジ888倍のXM 無料登録はこちら/

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力が多数あります。

もちろん僕もずっとXMでトレードをしながら相場観や手法などを日々綴っています。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由