海外FX

全体相場|2021年8月4日(水)

おはようございます。
8月4日(水)の考察をしていきたいと思います。

僕はトレードスタイルは基本デイトレ、スイングよりであるのでそこの所、ご理解願います。
出来るだけ優位性のあるポジション取ろうと心がけております。

ゴールドに関しては、昨日のNY市場の値動きから振り返り現在のポジション、目線等お伝えできたらと思います。
昨日の16時頃、僕の意識していた平行チャネル中値、日足MA週足MAに到達し1807付近で部分利確をしました。

そこから、反発狙いでのロングをしていき1814、1815でロングは全て利確しています。
日足陽線を確定足にするのは難しいと判断し、この反発が伸びても4時間MAまでと考えていました。

理由は抵抗帯である1818水平線、4時間MAが1818付近にいたが為です。
現在は1826水平線でショートした1824ポジションのみとなっています。

結果的に日足陰線が確定足となり更に上昇する上では厳しくなってきたように思えます。

現在は1810付近でレンジ状態です。昨日とあまり環境自体は変わっておらず、上昇する上で4時間MAに抑えられていて、
日足MA週足MAが1810、1808におり下落をしないように支えられている印象です。

NY市場の値動きでまた環境が変わるかもしれないですが、現時点では戻り売りでエントリーを考えています。

反発が合っても1818辺りまでを見ています。時間足単位で見ると昨日の安値を耐えて2番底形成して上昇しようとしていると判断しています。

本日の日足確定足を見てからでもロングするのは遅くないと思うので、そこで再度目線を合わせて行ければと思います。
まずは上昇する上では形成している形の否定をして欲しいところです。

下げの場合だとMAを割れば1804、1796、と値幅的にも取れるので戻り売りで戦略を建てています。
今回1796を割ってしまうと恐らく耐えられないと思うので下落は加速していくように思えます。

ドル円に関しては、7月19日につけた安値109付近まで下落し耐えている印象です。
安値を割らず2番底と機能し反発出来るかをみています。割る展開になるのであれば108付近も視野に入れていきます。

ドルインデックスは4時間MAに上昇を抑えられています。
このまま抑えられていくのであればお伝えした通り目線は変わらず上昇チャネル下限91辺りまでを見ています。

ここ最近、全体的に相関、逆相関があまり機能してないように思います。過信せず引き続き動向を見て行ければと思います。

ダウに関しては、ボラリティがそこまでなく35200高値を越えられず高値圏を推移しています。
状況はあまり変わりないように思えます。

VIXは18,81となっております。

原油は74を越えられず調整が入り止まるべきラインで止まり現在71,77となっております。
再度ここから上昇していければ右カップ形成となり逆三尊としてテクニカルが効いてくると思います。

エントリー出来るとすれば70,70付近を背にロングかなと思います。

シルバーに関しては、25,854背にショート継続中です。

目線通りの値動きではあるのでこのまま保有しつつ値動きを追って行きます。
下げ想定で24辺りまでの下落を想定しています。目線が崩れれば微益カット予定です。

それでは皆様にとって爆益でありますように!

\最大レバレッジ888倍のXM 無料登録はこちら/

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力が多数あります。

もちろん僕もずっとXMでトレードをしながら相場観や手法などを日々綴っています。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由