海外FX

全体相場|2021年10月4日(月)

おはようございます。

10月4日(月)の考察をしていきたいと思います。

※僕のトレードスタイルは基本デイトレ、スイングよりであるのでそこの所、ご理解願います。
出来るだけ優位性のあるポジション取ろうと心がけております。

ゴールドに関しては、月末の月足確定日大きく反発し1760付近までの上昇をし確定足となりました。
今回この上昇は僕の中で10月中にくる想定をしていました。

理想として1734付近で確定足となり10月中に1760までの上昇でそれを背にショートをしていくシナリオこれを考えていました。

4時間足をみると僕の引いていた下降チャネル上限に到達している事や、1760水平線を抜けようとしている事、
ローソク足が描く形状をみるとカップアンドハンドルを形成している事から、
9月30日、日足単位で作った大きな陽線の事を考えると、1760を実体で抜けてきそうな展開になりそうな気がしております。

そうなってくるともう1段上の1770付近この辺までの上昇を視野に入れていく予定です。

1770には水平線と日足MAが待ち構えているのでこの辺が意識されそうな気がしております。

もう1段上になると1781でネックラインとして意識されそうな場所かなと思っています。
現在ポジションは持っていないので静観しつつエントリーポイントを探っていく予定です。

ドル円に関しては、上昇チャネルの引き直しをしました。
現在上昇チャネル中値をタッチし弾かれ調整中とみています。

次に意識される場所は110,800この辺の値動きを見ていきたいところです。
わかりやすい値動きをしていると思います。

ドルインデックスも同様に調整中で上昇チャネル中値ラインまでの下落を想定しています。

ダウに関しては、33500付近まで下落するものの反発しダブルボトムを形成しています。

懸念点としては、前回の底値であった33600付近ここを割ってしまっている事が僕の中で警戒すべきだと思います。

理想として、安値切り上げのダブルボトムまたは同値でのボトム形成だった場合は期待値はありそうですが、
今回の反発は信憑性にかけるかなという判断でいます。

原油は変わらず、前回高値である76,86水平線ここを越えて来るかどうかで目線が変わってきそうです。

シルバーに関しては、僕の引いている下降チャネルは意識されているようです。
しっかりと下限タッチしてから4時間足単位でのダブルボトム安値切り上げをし反発を見せました。

ここまでは目線通りの展開です。ただここから上昇していけるかどうかそこに疑問は残ります。

下降チャネル中値まで上昇はしているのでもう1段上となると23、またはチャネル上限までの上昇も視野に入れていかないといけません。

現時点では調整での戻り反発だと判断しています。

それでは皆様にとって爆益でありますように!

\最大レバレッジ888倍のXM 無料登録はこちら/

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力が多数あります。

もちろん僕もずっとXMでトレードをしながら相場観や手法などを日々綴っています。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由