仮想通貨

BitWiseのビットコインETF、米国SECが判断を再び延期へ

SEC(米国の証券取引委員会)が、BitWiseの申請している仮想通貨ETFに関する判断を再び8月14日まで延期すると発表しました。

米SECは「ビットコインはハッキングに対する耐久性を持っているかどうか」「ビットコイン先物市場は適切に規制されているかどうか」など、いくつかの項目で意見を募集しています。

そもそもETFはこれまでずっと承認されると言われていながら、最初の判断期限だった4月1日から延期され、今回5月16日に期限が移動していた段階でした。

一方で、2019年は仮想通貨ETFは審査を通らないだろうという見方をする専門家もいます。

ずっと延ばし延ばしになっていますが、最終的にSECは10月13日までには判断を発表しなければなりません。

また、VanEckの申請しているETFに関しては4月の延長の際とは違って同時に延長はしませんでした。

こちらの判断期限は21日なので、その頃までにはまたSEC側から何らかの発表があると思います。

\最大レバレッジ888倍のXM 無料登録はこちら/

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力が多数あります。

もちろん僕もずっとXMでトレードをしながら相場観や手法などを日々綴っています。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由