チャート分析・手法

二番底(ダブルボトム)・三番底(トリプルボトム)について

今回は、二番底(ダブルボトム)三番底(トリプルボトム)についてです。


二番底(ダブルボトム)

二番底(ダブルボトム)とは、株式チャートやマーケット全般で使用される用語で、
相場が下落している状態のときに、一度底を打って好転した後に再度悪化して底を打つ、つまり同じような水準の安値を2回つけた、その2回目のことを言います。

市場が底を打って上昇に転じるときに、一度安値をつけただけですぐ反発することは少なく、
同じような安値水準にもう一度落ちてから反発することが多いのでこのような言い方をします。

「二番底は黙って買え」と言われるほど上昇傾向の見られる動きではありますが、下げ相場にあるときの二番底や大底の判断は難しく、
二番底であると思っていてもさらに下がること(三番底)もあり得るため要注意です。

ちなみに、大底とはチャートから見て最も低い水準でつけた安値のことを言い、
逆に、上げ相場のピークの中でも最も高い水準でつけた高値のことを大天井、2番目の天井を二番天井と言います。



三番底(トリプルボトム)

三番底(トリプルボトム)とは、株式チャートやマーケット全般で使用される用語で、
相場が下落している状態のときに、一番底、二番底に続く、三番目の底、つまり同じような水準の安値を3回つけた、その3回目のことを言います。

二番底の説明でもあったように、一般的に下げ相場では、一気に大底をつけることは少なく、若干の戻しを繰り返しながら数回にわたって安値を更新していくので、
そのときの最初の安値が「一番底」、次の安値が「二番底」、その次の安値が「三番底」ということです。

これらの底の判断は、下げ相場が終わり上げ相場に転じた後にチャートなどから簡単にわかりますが、下げ相場にあるときの三番底や大底の判断は非常に難しいです。

最大レバレッジ888倍の海外FX XM

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力がいくつもあります。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由