チャート分析・手法

エリオット波動論

現在僕が勉強しているエリオット波動です。

まだまだ無知な為、ご指摘いただけると嬉しいです。

それではいきます!

相場は上の画像のような、推進波修正波のサイクルが繰り返されてできている、という理論です。(フラクタル構造)

①推進波の2波が1波の始点を超えない

②4波の終点が1波の終点を超えない

③3波が一番小さな値幅になることはない

※レバレッジのあるFX相場では、小さい時間軸(1分足、5分足など)よくこのルールを破ってきます。
(特に②。①を否定する場合は、それは推進波ではなく修正波継続と考えます)

エントリーポイント

ここまでエリオット波動のことを理解すれば自ずと答えはでるかと思いますが、僕は下記のポイントでエントリーします。

大きめのエントリー

・2波終わりの3波狙い

・5波終わり

小さめのエントリー

・4波終わりの5波狙い

・B波終わりのC波狙い

推測ができるようになると、大きな損失をすることが減ります。

なぜかと言うと、明確な損切りポイント(予測否定)が明らかになるためです。

 

次回はチャートが描くチャートの形を記事にしていきたいと思います。

\最大レバレッジ888倍のXM 無料登録はこちら/

日本人の口座開設数が最多である海外FXのXM。

888倍もの高レバレッジや追証なしのゼロカットシステムなど、国内FXと比較しても大きな魅力が多数あります。

もちろん僕もずっとXMでトレードをしながら相場観や手法などを日々綴っています。

人気No.1のXMを選ぶべき3つの理由